袋縫いによる縫い代始末は、工程が多いために大変手間がかかる代わりに、裏側を返しても大変美しく仕上げることが出来ます。
裁ち端が完全に隠れるので、折り伏せ縫いと同様にとても丈夫な仕上がりである事に加えて
極薄で繊細な生地の風合いを損ねることがありません。
手間がかかる分だけ、良い面がたくさんある始末の方法ですので、覚えておくと便利でしょう。

袋縫いで始末をする場合は、縫い代は若干多めの方が扱いやすいです。
ロックミシンで始末する場合は縫い代幅1.2cmが平均ですが、袋縫いの場合は1.5cm程度あったほうが良いでしょう。
また、この縫い代の幅でおおよその仕上がり寸法が変わってきますので、縫い代幅はご自身で調整してみてください。