パイピング(玉縁)による縫い代始末の方法です。一重仕立や半裏仕立てのジャケット・コート類に使用される場合が多いです。手間はかかりますがロックミシンでの始末よりも高級感があり、またしっかりとした仕立になります。

パイピングに使用するバイアス布は、一般的には表生地よりも滑りの良い薄手のもの(裏地など)が使われます。ホームソーイングでしたら、表生地の素材にもよりますが綿ローンなどの薄手の綿生地を選ぶと、色や柄が豊富に選択できるのでアクセントにもなって良いでしょう。
表地が薄手の場合は共布を使用しても構いませんが、どうしても縫い代に厚みが出やすいので、出来れば表生地よりも薄手のものを選んだ方が良いでしょう。

パイピングの幅は縫い代幅いっぱいにせず、出来るだけ細めに仕上げた方が美しいでしょう。
生地の厚みにもよりますが、縫い代幅が1.2cm~1.5cmだったらパイピングの幅は6mm~7mm程におさめましょう。