一口にボタンと言っても、四つ穴・二つ穴・足つきなど、様々な種類がありますが、ここではまず最も使用頻度の高い四つ穴ボタンのクロスがけの付け方をご紹介します。
四つ穴ボタンはシャツ・ブラウスからジャケット・コート類まで幅広く利用されるボタンです。
糸のかけ方も様々なバリエーションがありますが、クロスがけと言われる十字に糸を渡す方法が最も丈夫な付け方です。

手縫い糸又はボタン付け糸や穴糸(生地によって使い分けましょう)を使用して以下の手順でボタンを付ければ、糸がするすると解けてきてボタンがとれるという事はほぼなくなります。
きちんとしたボタン付け、これを機会に覚えてしまいましょう!

また、ボタン付けの際は針を通すのに大変力がかかります。けがをしないように必ず指ぬきを使用してください。