ミシンでの縫い合わせは、基本的には印付けをせずにミシンのガイド線やステッチ定規を利用して一定の幅で縫い合わせていきます。
そうすることで出来上がり位置の印付けを省き、時間の短縮が期待できます。

ステッチ定規を使用する場合は、まずは正確に裁断することを心がけましょう。
縫い代の幅が正確であるという前提で縫い進めますので、正確に裁断出来ていないと出来上がり寸法が変わってきてしまいます。