玉結びは手縫いの際の縫い始めに、玉止めは縫い終わりに施します。単純な作業ですが、いくつかポイントがありますので、コツを押さえておきましょう。