まつりは普通まつりと同様に折山をとめつける際に使用する縫い方です。
三つ折りやロックミシン始末した折り代をゆるくまつっていきますが、普通まつりよりも柔らかく動きのある仕上がりになるのが特徴。
スカートやパンツの裾の始末によく使われます。
三つ折りの場合は折山をまつりますが、ロックミシン始末したものの場合は生地の端をかがるとほつれてきてしまうので生地の奥側を拾っていくと目立たず綺麗に仕上がります。