1. 針と糸の変更


    工業用ミシンや職業用ミシンをお使いの方は縫い慣れた方が多いかとは思いますが、糸掛けや糸調子もまず確認してみてください。特に問題がないようでしたら針と糸を変えてみます。工業用ミシン針の場合は針を細くするとともに、針先形状もKN針やSF針に変えてみても良いでしょう。糸は出来ればフィラメント系を、パッカリング防止用のKINGフィット等を使ってみるのも有効です。  

  2. 押え金の交換


    次に押え金をニット・薄物用に交換してみましょう。薄物用の押え金は針穴が小さく、裏側に刻んである溝も小さいので、天秤と送り歯の影響も少なくなって生地が引っ張られにくくなります。  

  3. 針板の交換


    次に針板を交換してみます。針板は標準で針穴直径がΦ1.8~Φ2.0くらいだと思いますので、1段階直径サイズを下げてみると良いでしょう。針板の交換はあくまでも針と送り歯との兼ね合いもありますので、良く検討して交換してください。パッカリングとは少し違いますが、薄物縫いで布に送り歯の傷がつくような場合は針板と合わせて送り歯を絹目に変えてみると良いでしょう。