水始涸(みずはじめてかる)
今日から第四十八候に入りました。
田んぼでは稲穂がたわわに実って頭を垂れ、農家ではたんぼの水を水を落として稲刈り準備に入る頃という意味です。
現代では季節が少し違うので、今年は既に稲刈りが終わっている所も多いですが、水田は一面の黄金色に染まってキラキラと美しい。
秋も深まってきましたねぇ。

 

さて、ちょっと出遅れてはおりますがソフィアシリーズの長袖ver.も進んでいます。
今回は撮影用サンプルは職人さんにお願いしたので、私は私で自分用にも1着作成してみました。

 

 

スタイルが良ければね。。。もっと参考になるのだろうけど。。。
そこはご容赦くださいね。

前あきのシャツワンピース型なので、バサっと羽織って着るも良し。ワンピースとして着るも良し。使い勝手が良いのではないかなーと思います。
個人的には、着丈を伸ばしてマキシ丈で着てもかっこいいと思います。

 

今回のパターンは衿ぐりを詰めて台衿のないシャツカラー仕様に。見返しと身頃で衿を挟み付けするので、それほど難易度も高くないと思います。
これから前あきのシャツやシャツワンピースに挑戦する人にも取り掛かりやすいのではないかな?

袖と衿の形状を複数用意したので、お好みでデザインを変えてください。
ウエストの紐通しが合計7個。面倒だったら2個に減らしても良し、省略しても良し、小さくて縫いにくかったら少し大きめに変更しても良し。
こういう所は自由にカスタマイズしてみると良いでしょう。

 

 

今回作成したのはパフスリーブです。カフス幅が広いので手首に向かって細くなっています。
前あきもカフスもボタンが多いので、ボタンホールに不慣れな方はスナップボタンの仕様にして、表から飾りボタンを止め付けても良いのではないかと思います。

 

これからの季節だったら厚手のコットンやウール等で暖かく、春秋だったら中肉~薄手のコットン、リネン等で爽やかな重ね着アイテムとしても重宝しますね。
リリースまでもう少し。まずは秋冬アイテムとして取り入れてもらえたら嬉しいです♪

 

 

 

navy plus の秘密基地より