サンプル用パターンの作成

早いもので8月も中盤に差し掛かろうとしていますね。お盆の帰省準備に忙しい方も多い頃でしょうか?
アトリエではただいま次作のパターンを煮詰めています。ひとまず、皆さんの手元にお届けするパターンとは別に職人さんにサンプルを製作してもらうための工業用パターンを製作しているところ。

mamettoで販売するパターンは縫製レシピがあるので、パターン上に細かい指示書きをしていません。これはパターンに細かく指示をいれてしまうと肝心の出来上がり線が分かりにくくなってしまう為です。
一方で工業用パターンの場合は、指示書きが入る場合と入らない場合とがあります。指示書きをいれない場合は「縫製指示書」というものを作成して一緒に添付するのが一般的。

縫い代は割るのか片返しにするのか、ステッチは裏コバか表から叩くのか、金具はどこにどのように付けるのかetc・・・
時には図解で入れることもあります。なのでどんなに複雑なパターンであっても、どの職人さんに渡したとしても、例えレシピがなくてもいつも同じものが仕上がってくるようになっているんです。
職人さんはパターンや指示書を読み説く力も必要なんですね。そしてこの指示書を誰がみてもわかるように解説したものが、mamettoの場合は縫製レシピになります。

初心者の方が自宅で自分一人で洋服を完成させようとした場合はこの縫製レシピだけが命綱なので、とにかくここがわかりやすいかどうかが重要なんですね。
今現在、次作ではまだレシピまでたどり着いていません。縫いやすさと理解しやすさを天秤にかけて一人悶々とお悩み中。。。
かといってあまり時間ばかりかけても良くないので、出来るだけ早くお披露目できるように頑張ります。

それにしても宮城は寒い!寒いよ!!真夏だというのに今朝は長袖。かと思えば各地ではフェーン現象で酷暑が続いているそうで。皆さんがお住まいの地域は大丈夫ですか?おいしいものいっぱい食べて乗り切りましょうね。

navy plusの秘密基地より