パターンと生地の準備が整ったら裁断をしていきますが、裁断にもいくつか決まり事があります。
ここではその決まり事をいくつかご紹介しますので、当てはまる項目を拾って参考にしてみて下さい。

裁断するときの注意点

 

1)裁断の時はパターンに入っている地の目線を生地のたて地と並行に裁断してください(「地の目について」の項参照)。また、生地の特性によってはたて地で裁断できない場合もあります。例えば耳がスカラップ刺繍になっている場合等です。このスカラップを裾に配置したい場合などはパターンの地の目線通りに配置できませんので、その際にはたて地と横地を入れ替えます。(下図参照)

 

2)「わ裁ち」の指示のあるパターンは、わ裁ちの位置を生地の折山に合わせて裁断します。これはうっかりすると見落としがちで、間違って裁断すると修正がきかなくなるのでパターンを良く見てわ裁ちの記号を目立つ色のついたマジック等で囲んで印を付けてしまいましょう。

 

3)パターンには既に縫い代が含まれているので、生地の上にパターンを配置したらそのまま裁断します。

 

4)ターンの各パーツには表生地と接着芯・裏地等の必要な枚数が記載されていますので、良く見て間違いの無いよう裁断してください。

 

5)接着芯を貼るパーツの場合は、表地・接着芯ともに実際のパターンよりも1cm程度大きめに粗裁ちをして、接着芯を貼ってから改めてパターン通りに裁断しなおすと良いでしょう。

柄のある生地の注意点

 

1)柄物の生地の場合、柄に方向性がある場合は「一方裁ち」になります。柄に方向性のないものや無地の場合は「差込み」可能です。

※一方裁ち→パターンを全て一方方向に向けて裁断する方法。

※差込み裁断→パターンを上下の向きを気にせずに省スペースに配置して裁断する方法。

 

2)柄合わせの必要な場合は別途「柄合わせ」の項目を参照してください。

生地の柄に方向性がないものや無地の場合はパターンの上下を気にせずに裁断できます。
こちらの方が要尺が少ないので経済的です。 生地の柄が一方向を向いている場合は差込みで裁断すると前後の身頃で柄の向きが変わってきてしまいます。このような場合はパターンの方向を一方向に揃えて裁断します。
差込みよりも裁断効率は悪くなるので、デザインによっては要尺が多めに必要になります。
ベルベットなど毛並みのある生地も一方裁ちで裁断してください。

ノッチ入れ

 

裁断の時に同時進行で「ノッチ」を入れていきましょう。
sewingbookでは出来上がり線を入れずにステッチ定規等を利用した縫製を前提として説明していますので、ノッチがないと不便な点が多いです。
ノッチは縫いはじめや縫い終わりの目安、合印やループ付け位置など重要な印なので見落としの無いよう印を入れていきます。
裁断ばさみの先端を使って、裁ち端から3mmほど切込みを入れるだけです。
あまり切りすぎるとほつれの原因になりますので切りすぎないように注意しましょう。

<pわで裁断したパーツに関しては折山部分にもノッチを入れます。
下図の例ですと前スカートのウエスト前中心位置になります。
裾の中心も折山になっていますが、こちらは他のパーツとの縫い合わせが無いのでノッチは必要ありません。

【まとめ】

 

裁断は何回やっても一番緊張する作業です。特に生地に余裕がない場合は間違えてしまうとやり直しがききません。失敗しないコツは、パターンを穴のあくほど良く観察する事です。慣れない時に特に多いのがわ裁ちのところを裁断してしまうミス。こればかりはどうにも修復のしようがありませんので、一つ一つ良く確認しながら行いましょう。