普段何気なく使用している手縫い針ですが、けっこう多くの種類があり用途に適した使い方というものがあります。うまく縫えないという悩みをお持ちの方は針を変えてみると良いかもしれませんよ。
ここでは手縫い針の種類と選び方に特化して解説します。

 

手縫い針の種類

 

お手持ちのピンクッションに今刺さっている縫い針。どんな種類か良くわからないけど初めからそこにありましたという方も多いのでは?

恐らく、多くの方が使用している手縫い針はメリケン針(洋針)と言われる種類のものだと思います。洋裁用品のコーナーで売られているものの多くがこのメリケン針ですが、これは洋裁をするときに使いやすいように作られたものです。
これとは別に和針と言われるものもあります。こちらは和裁の時に使用される針です。

和針とメリケン針では針先の形状も針穴の形状も違います。和針は着物を仕立てる時に使うものですので織り密度の高い絹などが縫いやすいよう、また運針がしやすいように設計されていますし、メリケン針は洋裁用ですので比較的地厚な洋服地でも縫えるように設計されています。つまり同じ手縫い針でも用途が違うわけです。

また、それぞれ規格も異なります。
和針の場合は「四ノ二」とか「四ノ五」という表記をする場合がありますが、これは前の漢数字が針の太さを、後の漢数字が針の長さを表します。
一方メリケン針の場合は「長針」と「短針」の二つに区分されて、それぞれに号数が付けられています。
号数の数字が大きくなればなるほど長さも太さも比例して小さくなっていき、1号~12号までの種類があります。

 

手縫い針の選び方

 

洋裁の場合はメリケン針を選びましょう。和針でも縫えますが、上記のように特徴が違いますので生地によっては使いにくいこともあります。和裁には和針、洋裁にはメリケン針と覚えて下さい。

太さと長さの決め方は、一般的には太さについてはミシン糸と一緒で厚い生地には太い針、薄い生地には細い針を選びます。長さについては粗く縫う時は長針、細かく縫う時には短針という風に言われています。ですがこれも一つのめやすです。特に針の長さについては手の大きさも関係してくるので、次項の針の持ち方を参考にご自身に合ったサイズのものを選びましょう。ご自身が一番しっくりとくる長さにするという事が最も重要なポイントです。

手縫い針の持ち方

 

手縫い針には基本の持ち方があります。画像のように中指に指ぬきをした状態で親指と人差し指で針をつまみ、残った3本の指を軽く折りたたみます。そうすると、ちょうど針のおしりの部分に指ぬきが直角に当たります。これが並縫い(運針)をする際の基本的なポジションです。

この状態で指先から出ている針先の分量が5ミリ程度が最も効率的に並縫いの出来る針の長さです。
下図のようにこの部分が長すぎる場合は針が長いという事です。

実際に並縫いをしている動画を見てみましょう。

針を持っている指先で生地を手繰りながら縫い進めているので、針を持ち替えなくてもある程度生地がたまるまで縫い進められます。
針が短いと生地をためておく場所がなくなるので若干効率が悪くなります。
逆に針が長いと細かく縫うことが出来なくなってしまいます。

このように、指の長さや手の大きさによって適応した針の長さが変わってきますので、実際に針を握ってみてサイズを決めると良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?針の持ち方なんて知らなかった!という方も多いのでは。運針についてはまた別の項目で詳しく解説します。
これを機に、お手持ちの手縫い針も見直してみてはいかがでしょうか。